入学時のメッセージ


 Oさん(1期生) Oさん(1期生)

 私は幼い頃,何億分の1という確率で命が誕生するということに感動し,その瞬間に立ち会うことのできる助産師に魅力を感じ,助産師を志しました。看護師として働く中で,命の尊さを実感すると同時に,私自身も多くの方々に支えていただいて無事に誕生・成長できたことを実感しました。
 本学には,様々な職種の学科があり,多職種との連携についても考えることができ,幅広く助産師活動を学ぶことのできる環境が整っていると考え進学を決めました。
 女性や子ども,家族を取り巻く環境が多様化する中,命の始まりと健やかな成長を支えることのできる一員になれるよう,一人ひとりに寄り添い,ともに歩むことのできる助産師を目指していきたいと思います。

  Nさん(1期生)

 中学生の頃,出産に対する不安や悩みを抱える女性がいることを知り,そんな女性の相談に乗りたいと考え,助産師を目指しました。
 本学の助産学専攻科へ進学することにした決め手は,1年間集中して助産学を学修できること。茨城県内外のさまざまな施設で最新の周産期医療について学ぶ環境が整っていること。グループワークなどの学生が主体となって学ぶ授業が多いことの3つです。
 妊産婦や家族と人と人とのつながりを大切にする助産師を目指します。そして,自治体,医療機関などと協力し,妊娠・出産・子育てをする女性を孤立させない地域づくりに貢献したいと思います。


実習終了後のメッセージ


 Oさん(1期生) Oさん(1期生)

 実習が始まる前は,忙しくって寝られないほど,プライベートも全くない!?と思っていましたが,講師の方が体調・スケジュール管理,実習の組み方の配慮をしてくださいました。忙しくも充実した実習でした。

 Hさん(1期生) Hさん(1期生)

 戸惑いながらも,産婦さんに伺いながら「どうしたら喜んでいただけるのか」を考えて行動することを心がけました。できることは自分たちなりにさせていただけるので,毎日の成長を実感することができました。

卒業時のメッセージ


 Iさん(1期生) Iさん(1期生)

 本学では他職種の先生方からの講義があり,私はこの1年間で様々な視点から「助産観」を深めることができました。このことは,私のこの1年での1番の宝物です。その「助産観」は今後の私の助産師人生の基盤になると思います。本学を希望される皆さんも本学で「助産観」を深め女性とベビー,ご家族に寄り添う助産師を目指してください。

 Kさん(1期生) Kさん(1期生)

 私が本専攻科を受験しようと思ったのは,看護師として3年間勤務した時,その後の進路で悩んだことがきっかけでした。保健師を目指したこともありましたが,看護学生の時から興味を抱いていた助産について学んでみたいと思い,家族や職場からの後押しもあり受験を決意しました。
 本専攻科では,年齢も経験も様々な仲間と出会いました。助産の勉強だけでなく,地域医療や母子保健,海外医療,そして他領域の先生からの多くの学び。貴重な体験がたくさんできました。
 実習など大変なこともありましたが,専攻科の仲間や先生,家族や友人,そして実習で受け持ったお母さんと赤ちゃん…本当に多くの方々に出会い,支えられながら助産師になることができました。とても濃密で,医療者としても,人としても成長できた1年でした。
 今後は助産師として地域に貢献できるよう頑張りたいと思います。皆さんも,本専攻科でたくさんの仲間と有意義な時間を過ごしてみませんか。

 Tさん(1期生) Tさん(1期生)

 私が助産師を志したのは,自分が生まれたときの話を母から聞いたことがきっかけでした。そのときから,出産が女性にとってかけがえのない体験となるようにサポートをしたいと思い,助産師になることを志しました。
 本専攻科では,助産師になるために必要な知識・技術を講義や実習からだけではなく,グループワークを通して修得することができます。助産師を目指す仲間とともにディスカッションを行い,主体的に学習することで学びを深めることができます。また,本学の4学科・2センターの先生方をはじめ,多分野の先生方から講義を受けることができます。そのため,多職種連携についても考えることができ,様々な視点から助産を捉えることができます。
 皆さんも是非,本専攻科で助産師としてのアイデンティティを養い,女性と子ども,家族に寄り添い,対象の持つ力を最大限に引き出すことのできる助産師を目指してください。

 Yさん(1期生) Yさん(1期生)

 本学では講義・演習・実習とカリキュラムがリンクされていることで学びを深めることができます。また ,グループワークが多く,自分の視点だけでなく,仲間の刺激を受け助産の幅を広げることができます。自主性を尊重してくれるこの場所で,仲間と楽しく学びを深めてください。

ページのトップへ戻る