学術集会開会予告

第38回 茨城県母性衛生学会学術集会 および 市民公開講座



『父』になる『父』を支える『父』とともに
 
 日  程:2019年09月28日(土)9:00〜16:40    
 会  場:茨城県立医療大学 大講義室(稲敷郡阿見町阿見4669-2)
 担当会長:長田 佳世(つくばセントラル病院 産婦人科部長)

 
  写真
     ◆ポスターのダウンロードはこちらから(PDF)

 公益社団法人 日本母性衛生学会公開講座助成事業

日程表・プログラム


 ◆プログラムのダウンロードはこちらから(PDF)
 ◆抄録集は当日配布いたします。

学術集会の部(会員のみ)

 08:00     開場
 08:30     受付開始
 09:00     開会挨拶
      会長:長田 佳世
 09:10-09:50 一般口演:第1群(4題)
 10:00-10:50 一般口演:第2群(5題)
 10:55-11:05 一般ポスター:第3群(5題)
 11:30-12:00 総会
 12:10-13:00 ランチョンセミナー
   「女性の健康を守る ホルモン療法の基礎のキソ」
      座長:佐々木純一(茨城県母性衛生学会 監事,総合守谷第一病院 名誉院長)  
      講師:江夏亜希子(四季レディースクリニック 院長) 
      共催:バイエル薬品株式会社
     ※チケットは,当日の朝に配布いたします。
      定員に達した時点で,配布終了となります。
  
 13:15-13:45 ワークショップ
   「包括的暴力防止プログラム(CVPPP)」
      座 長:田中 奈美(茨城県母性衛生学会 幹事,つくばセントラル病院 産婦人科部長) 
      講 師:鈴木 謙市(茨城県立こころの医療センター 看護師)

市民公開講座の部

 13:00     受付開始
 14:00-15:00 特別講演
   「現代社会における父性」
      座長:佐藤 豊実(茨城県母性衛生学会 会長,筑波大学医学医療系 教授)
      講師:秋山 邦久(常磐大学人間科学部 教授)
 15:10-17:10 シンポジウム
   「『父』を支える仕組みをつくる」
      座長:長田 佳世(第38回学術集会 会長,つくばセントラル病院 産婦人科部長)
         浦山 絵里(ナースファシリテーター) 
      コメンテータ:
         秋山 邦久(常磐大学人間科学部 教授) 
      シンポジスト:
        1.大井 雄一(筑波大学 産業精神医学・宇宙医学グループ 助教)
        2.金澤 悠喜(筑波大学 ウィメンズヘルス看護学・助産学 助教)
        3.山田 千恵(つくばセントラル病院 前病棟師長 助産師)
        4.佐藤差智子(守谷市保健センター)
        5.勝田 達也(土浦五中おやじの会)
 来賓挨拶
 閉会挨拶

医療ケア児・ハンディのある子どもたちの写真展(終日開催)


写真
 作品テーマ 「家族」
     by にじいろペース

展示(終日開催)

  • 企業 9ブース
  • 企画 茨城PUSH
  • 企画 助産師出向支援協議会

一般演題発表について

口演発表

  • 口演はすべてPC発表となります。発表画面数に制限はありません。
  • 1演題あたりの発表時間は7分,討論時間は3分です。
  • 発表データはUSBメモリで受付に提出ください(8:30まで)
  • USBメモリのウイルスチェックは事前に済ませてご持参ください【厳守】

ポスター発表

  • ポスタサイズは,横90㎝,縦180㎝です。
  • 上部20㎝は演題番号,タイトル・所属・氏名のスペースです。
  • 「タイトル・所属・氏名」は横70㎝,縦20㎝サイズにて各自作成してください。
  • 当日8:45までに所定の場所に掲示してください【厳守】
  • 発表はフリーディスカッション方式です。進行係はおりません。
  • 発表時間には,各自,ポスター前にて待機のうえ,適宜,発表してください。

学術集会参加について

  • 参加は会員に限ります。
  • 令和元年度会費をすでに振込済みいただいている場合,当日のお支払いはありません。
  • 令和元年度会費を未納の方は,当日,現金にてお支払いください(4,000円)
  • 当日入会によってどなたでも参加が可能です。事前のお知らせは不要です(4,000円)
  • お支払いの際には,つり銭の無いよう,ご準備ください。

お知らせ

  • 2019年8月5日を持ちまして一般演題の募集を締め切りました。
    多数のご応募をありがとうございました。
  • 本学術集会への参加で,下記の証明が可能です。       
    (1)産婦人科医師:日本産科婦人科学会の共通単位および日本医師会生涯教育講座参加       
    (2)助産師:CloCMiP レベルⅢ認証制度ステップアップ研修(学術集会参加・発表)
  • 茨城県立医療大学助産学専攻科
  • たまごの気持ち
ページのトップへ戻る